entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* スポンサー広告 * comments(-) * trackbacks(-) * page top *

entry_header

ターミナルケア

胃癌で入院していた男性。

癌が見つかった時にはすでに末期でした。


症状が悪化し自分では体を動かすことすら出来なくなって

しまった頃、患者さんがこんな事を言い出しました。


「生まれ故郷に帰りたい・・・。」


周りの誰もが無理だと思いました。

主治医も当然許可は出せませんでした。


でも本人の希望が余りにも強く、

その姿を見た家族もまたそれを切望しました。


TVドラマなんかではよくターミナルの患者さんが主治医や

看護師に付き添われて外出するシーンをよく見かけますが、

この患者さんの場合は長距離の旅行となる上、病院としても

前例のない事だったので躊躇したというのが本音です。


私達スタッフも『患者さんの希望を何とか叶えてあげたい』

という気持ちと、『でももし道中で最悪の事態が起こったら』

という不安の中で葛藤しました。


何度も何度もカンファレンスを行った結果、

最終的に『患者さんの希望を叶えよう』という結論に達しました。


この結論に達したのは奥さんが看護師だったことが

大きく影響したように思います。

今思えば奥さんにとっては重責だったでしょう。


里帰りの当日私はリーダーをしていました。

朝から寝台車の手配や持参してもらう医薬品(点滴等も含め)

などの用意に大忙しでした。


そして出発の時。

玄関先まで見送りに出た私に、

患者さんはやせ細った手を精一杯振ってくれました。


正直なところ、


「これが最後の姿かも・・・。」


と思いました。


その日は日勤深夜の勤務でしたが、

特に患者さんの家族からは連絡はありませんでした。


勤務を終え眠りについた私の夢の中に患者さんが現れました。

夢の中の患者さんは、


「色々ありがとう!楽しかったよ!」


と笑っていました。

それも入院当初のまだ元気だった頃の姿で・・・。


咄嗟に私は『患者さんが亡くなったんだ』と感じました。


しかし次の日準夜で出勤した私が見たのは、

病室で蘇生術を受けている患者さんの姿でした。


「生きて戻ってこれたんだ!」


その日の朝に戻ってきた患者さんは虚ろながらまだ意識が

あったそうですが、私の出勤前に急変したようです。

そしてそのまま患者さんは息を引き取りました。


多分あれは私の潜在意識の中に患者さんへの心配があったから

見た夢に過ぎないのだと思います。


でも夢の中の患者さんの姿が余りにもリアルだったので、

今だに鮮明な記憶として残っています。


だから私は、


『患者さんがお別れを言いに来てくれた』


今でもそう信じずにいられません。


結果的にこの決断は患者さんの死期を早めてしまったかもしれません。

でも一つのターミナルケアのあり方として、

この決断は正しかったと信じたいです。
スポンサーサイト

* 看護師だった頃 * comments(4) * trackbacks(0) * page top *

entry_header

この記事に対するコメント

初めましてv-238
ターミナルって、悲しいけど、感動ですよね。
いろんな方のターミナルに立ち会わせて頂いて、ほんと、感謝しております。
この患者さんに対するケアは、素敵だと思いますv-237
自分の願いを叶えられる・・・不謹慎かもしれないけど、幸せなのかなあって。
頑張ってくださ~いv-290

* 2005/10/08 22:18 * moca URL [編集] * page top *

素敵・・・

鳥肌が立つほどいいお話・・ターミナルはあたしはちょっと苦手だけど興味が出てきたかも・・。でももっと勉強して受け入れられる懐をもっとかないと(><)あたしにはまだまだ修行が足りんな。GYPさん達の判断はきっと患者さんのニーズに添えたと思います。思い残す事なく静かな眠りについた事でしょうか・・。

* 2005/10/09 23:47 * jojo URL [編集] * page top *

mocaさん

こちらこそはじめまして!コメントありがとうございます。
一般の病院では正直なところなかなか患者さん中心のターミナルケアて出来ませんよね。
ホスピスなんかでは当たり前のように行われていることなのかもしれませんが・・・。
ターミナルケアについては色々考えさせられるものがありますよね。

* 2005/10/10 15:44 * すっとこ副店長 URL [編集] * page top *

jojoさん

ほんとそうだったらいいよね。
私もターミナルの患者さんの受け持ちになった時はいつも気が重いよ。
死の尊厳についてはいくら勉強してもたりないよ。
いくら医療者とはいえ死を体験した人はいないもんね。
でも患者さんから教わることは多いから、それを次に繋げて行くしかないのかもね。

* 2005/10/10 15:50 * すっとこ副店長 URL [編集] * page top *

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://suttokofukutencho.blog24.fc2.com/tb.php/21-6bba623e

side menu

CALENDAR

03 * 2017/04 * 05

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

すっとこ副店長

Author:すっとこ副店長
某ウェブショップの副店長。
病棟看護師・在宅看護師・アルバイト保健師・CRC・保育所看護師の職歴

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。